釣った魚を売りたい人必見

釣魚を買ってくれるイメージ

たくさん釣った魚をどうしていますか?

釣りの大好きな方ならでは、ついつい楽しくて気づくとクーラーが満タンになってたなんてことありませんか?せっかくの新鮮な魚ですが、ご近所に配ったり、冷凍庫に目一杯詰め込んだりしてもまだ余ってしまうなんてご経験もあるのでは?
その新鮮で美味しい魚が、欲しくても手に入らない人もいるんです。

誰が一本釣りの魚を欲しいの?

釣りを楽しまれている方々が当たり前のように食べている「本当に新鮮な魚」は、実は大変価値のあるものです。
何故なら、網で捕られた魚たちが無傷で市場に並ぶことは希だと言えます。その点、一本釣りで釣られ、直ぐに適切な処理をされた魚は、とても価値のある魚となります。

居酒屋さん、お寿司やさん等の料理店では、独自のルートがない限り「本当に新鮮な魚」は手に入りません。それ故に、店主自らが釣ってきた魚や、知人が釣ってきた魚を看板料理としてPRするお店も多数あります。

マッチングイメージ

釣り人と飲食店のマッチング

釣った魚を売りたいなと思っても、買ってくれるお店を探すのは至難の業です。
また、新鮮な魚を仕入れたいお店にしても、どこの誰かもわからない人から「生もの」を仕入れることは危険極まりないのです。
「釣魚市場」は、売りたい人と買いたいお店を共に登録することによってマッチングすることを実現しました。
ぜひともこのサービスを使って、貴方の釣った新鮮な魚を欲しがってる人のもとに届けてください。

さあ!釣れすぎた魚を売りましょう

美味しい魚を仕入れたいお店の先には、貴方の釣った美味しい魚を食べたいお客さんが待っています。

登録ボタン

どうやって売るの?

「釣魚市場」に釣り人登録(登録は無料です)をしてください。
魚が釣れたら加盟飲食店に連絡して、仕入れ希望の確認をしてください。
魚を届けたらお店の方と価格を相談してください。その場でシステム内へ販売内容を登録して頂きます(お金のやり取りはありません)
その後、当サービスより加盟飲食店への請求を行い、貴方へ代金をお振込みいたします。

釣り人たちの声

Mさんの場合

釣りはまだまだ初心者で、少しずつ道具を揃えて楽しんでます。「釣魚市場」を利用する前は、釣れ過ぎたときには船上で、リリースしたり近所に配ったり、それでも冷蔵庫はパンパンになってしまうことがありました。
「釣魚市場」に登録して、近所に買ってくれるお店を見つけて、最近では自分が食べる分だけ取ってあとは全部買ってもらっています。
振り込まれたお金を貯めてますが、もう少しで憧れの電動リールが買えそうです!

Kさんの場合

我が家は夫婦二人なので、たくさん釣れてしまうと食べきれず、妻に「あんまり持って帰らないで」と言われたことも何度もありました。
そんな理由で調子がいいと、早めに竿をしまうこともありました。
釣魚市場に登録してからは、魚を届けるとお店の方が嬉しそうにしてくださって、全部置いてきてしまうこともあります。
そんな日は「今日は魚ないの?」と言われるようになりました(笑)

加盟飲食店様の声

1 釣魚市場で仕入れた魚が二日間で売り切れてしまった。お客様から好評いただいている。
 また、お得意様に特別に出せるメニューが出来るので助かる。(千葉S居酒屋様)
2 釣り人から連絡いただいた際、魚が届く前にお客様から注文をもらうほどインパクトがあった。
 もちろん、届いた魚を召し上がっていただいた際は大好評でした。(千葉I居酒屋様)
3 今まででこんなに新鮮なカワハギ(肝)は初めてだ!自分で食べてしまいたいくらいだ。(千葉T居酒屋様)
お小遣いイメージ

釣るだけじゃもったいない

釣りは楽しい趣味です。でも釣りを楽しむためには「釣り道具」、「乗船代」、「交通費」などお金もたくさんかかります。どうせ楽しむなら「釣魚市場」を活用してください。一度の販売で交通費もチャラになってしまったり、ときには乗船代の元をとってしまうことだってあります。釣行回数を増やすのも釣り道具を新調するのも貴方次第です。

さあ!釣れすぎた魚を売りましょう

魚を売るって敷居が高そうだけど、活け〆した極上の魚の価値は貴方が一番知ってるはず。自信を持って売ってください!

登録ボタン
お問い合わせ